差押えされたら自己破産しかないのか?

差押えは債権者側の最終手段といえます。対して、債務者側の最終手段として自己破産があります。

 

しかしながら自己破産はメリットもデメリットも存在するので、自分1人で考えず、専門家の弁護士などに相談してから決めるとよいでしょう。

 

自己破産デメリット・メリット

 

 

どうしても自力で借金を返済できない場合、問題を解決する為には自己破産をする必要が出てきます。

 

自己破産をする事で借金の取り立ても無くなりますし、何より今までの借金が全てゼロになるので、新しくやり直せるという事がメリットと言えるでしょう。

 

よく噂で自己破産をすると戸籍に載ってしまうなどと良く聞きますが、このような事実は一切ないそうです。

 

でも、戸籍には乗らなくてもブラックリストには記載されてしまうようですね・・・

 

実際にブラックリストというリストは存在しないのですが、自己破産をすると信用情報機関に載ってしまうと言われています。

 

この信用情報機関が、俗にブラックリストと言われているのですね。

 

自己破産するとブラックリストに載ってしまう為、そこから5年から10年ほどはクレジットカードを作ったり、新たなローンを組むなど借り入れをする事はできません。

 

自己破産をすると20万円以上の所有物は差し押さえられてしまうので、例えば自己破産をし車を手放したという場合、借り入れが出来ない為、新しく購入する時は現金で
支払わなければいけないのです。

 

このように自己破産して借金が無くなるのと同時に、不便さも感じる面も出てくる為、まずは弁護士などに相談する事がお勧めです。