給与が差押えになるとクビの危険性?

債権者による給与差し押さえの場合、まず債権者は裁判所へ債務者の給与差し押さえの通知を送る事となり、その後裁判所から勤務先に差押通知を発送すると言う形になります。

 

従って債務者の意思に関係なく、給与が差し押さえられる事、返済出来ない債務を抱えている事が債務者に知られてしまいます。

 

その事が原因で会社をクビになるかどうかについてですが、一言で言ってしまえばそれは会社によりきりで一概に何とも言えません。

 

恐らく会社の就業規則に則った判断になると思います。

 

しかし私自身そう言った経験はありませんが、給与が差し押さえられた事が会社にバレてクビになったと言う話も聞いたことはありません。

 

差押え云々の話ではありませんが、多重債務を抱えている人が、職場に連日の様に督促の電話がかかってきたり、また、債権者が職場に押し掛けてきた来た事に会社をクビになったと言う話は何度か耳にした事はあります。

 

会社の裁量もそうですが、その人、勤務態度等も大きく関係する事だと思いますので、もしそれが会社ではバレてしまった場合、素直にそれを認める事がまず大事になるでしょう。

 

それに対して会社がどういう対応をするかです。

 

ただ一つ言える事は、差押えをされる事で、勤務先に迷惑がかかるものの、会社に著しい損害を与える事とはまた別の話になるとは思います。

 

>>個人再生デメリットのこと