差押えを回避するには?

ギャンブルや浪費で借金を重ねてしまい、どうにも返済が出来なくなってしまった。

 

そんな時に自己破産しようとしても、「免責不許可事由」に該当していて自己破産できないことがあります。

 

裁量により認められることはありますが、裁判官の判断に委ねることになります。

 

裁量で認められても自己破産ではマイホームは差し押さえから競売にかけられることになり、手放すことになります。

 

ですが個人再生の手続きを選べばギャンブルや浪費で作った借金でもマイホームを手放さずに債務整理を行えます。

 

個人再生には住宅資金特別条項という制度がご用意されており、
この制度を利用すると現在住宅ローンを返済中のマイホームでも住み続けながら手続きを進めることが可能です。

 

住宅資金特別条項を利用するには債務者が個人であること、生活の本拠である住宅であることなどの条件を満たすことが必要になります。

 

手続が開始されますと債権者は給料差し押さえもできなくなります。

 

個人再生では債務総額が100万円未満の場合は減額されません。

 

債務総額が5000万円を超えている場合は利用できません。

 

再生計画案を作成することが必要で、裁判所も通すために中々個人で手続きを進めるのは困難です。

 

専門家の弁護士、または司法書士に相談して手続きを代わりに行ってもらった方が確実です。

 

自己破産したらどうなる?